スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[限] windows peその1

Windowsの復旧、結構あるんだよね、、、。
というわけで、情報収集を。


■Windows PE関連

Windows プレインストール環境
WinPe-tch
AOMEI PE Builder
・oscdimg
 いろいろ情報が転がっているようだが、Windows ADKインストーラ(adksetup.exe)から入手が確実。
Acronis True Image (PCバックアップソフト)
ImgBurn:公式がわかりづらいのでこっちをリンク。
Windows PE ・ 作成と使い方 → これが一番簡単かも。



■tips
いくつか、普段使わないようなコマンドを実行する機会があるのでログを残しておこうと思う。

●wimファイルのマウント
まずs:\winpe_x86というディレクトリを作り、その下のsourcesディレクトリの下に、
windows7のインストールメディアからコピーしたboot.wimを置く。
以下、管理者権限でコマンドプロンプトを起動して実行。

S:\winpe_x86>c:\Windows\system32\Dism /Mount-Wim /WimFile:s:\winpe_x86\sources\boot.wim /index:1 /MountDir:s:\winpe_x86\mount

展開イメージのサービスと管理ツール
バージョン: 6.1.7600.16385

イメージをマウントしています
[==========================100.0%==========================]
操作は正常に完了しました。

S:\winpe_x86>dir mount
ドライブ S のボリューム ラベルは NUC_HDD です
ボリューム シリアル番号は 407C-0B50 です

S:\winpe_x86\mount のディレクトリ

2009/07/14 14:20 <DIR> .
2009/07/14 14:20 <DIR> ..
2009/07/14 11:33 <DIR> Program Files
2009/07/14 14:20 <DIR> sources
2009/07/14 11:33 <DIR> Users
2009/07/14 14:22 <DIR> Windows
0 個のファイル 0 バイト
6 個のディレクトリ 546,390,429,696 バイトの空き領域

S:\winpe_x86>


●windows7インストールメディアからファイルコピー
起動可能なメディアから、boot配下一式とbootmgrをコピー。
s:\winpe_x86\boot\bcd
は削除。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kr2

Author:kr2
ネコと音楽が好き。
CD紹介、技術ネタ
などの雑記帳。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。