スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[取] CentOS 7

OSインストール用にCentOS7のisoイメージを取ってくるのは以下から。
CentOS 7 x86_64

ちなみに、主要なリソースのサイズを書いておくと、
DVD isoだと4GB、Everything isoだと7.1GB、
Live CDだと696MB、Minimal isoだと636MB、
NetInstallだと360MB。

その他、vagrant(最新は1.7.2)のboxが要るならば
Discover Vagrant Boxes
から適当なものを取ってくればよいかと。
virtual boxが古くなっていたらここから取得。
pxe bootとかするならextension packsも忘れずに。
(virtual box 最新は4.3.28。拡張パックは対応するものを使うこと)



■おまけ

そのほか遊べそうなものとして
VyOSのiso
とか落としても面白いかもしれない。
こちらは64bitのisoイメージで236MB (verison 1.1.5)。

あとはpacker (0.7.5が最新、84MBくらい)。
これでvagrant用boxの自作ができる。→ github : mitchellh/packer
どうもvagrantだけでなく、OpenStackで使えるboxも作れるようだ。

windows 64bit版をダウンロードしたが、zipの中にexeが入っているだけ、
というきわめてシンプルな構成。解凍後のものは適当におけばいいが
気分的にはc:\HashiCorp\packer_0.7.5とか、そんなところだろうか。
環境変数PATHの末尾にこのpacker_0.7.5のフルパスを追加したら
とりあえず使えることを確認。

ちなみにwindows7のPATH環境変数の最大長って1023?2047文字だっけ?
ファイルパスの最大がドライブレター込みの255文字、だっけ、、、忘れとる。

開発環境に使っているマシン、入れすぎかも。。
一応シンボリックリンクで短くできなくもないけど。。


■関連エントリ


[標] 技術系メモの分類(2015/05/24)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kr2

Author:kr2
ネコと音楽が好き。
CD紹介、技術ネタ
などの雑記帳。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。