スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[木] STP

STPについて、ちょっとメモっておく。
ちゃんとした資料にする前のメモ書き。
・スパニングツリープロトコル
 ループによるブロードキャストストームの防止
 経路冗長化
 負荷分散

・種類
 STP : IEEE802.1D ⇒ モード : PVST (per vlan spanning tree)、PVST+ (cisco独自)
 RSTP : IEEE802.1W ⇒ モード : rapid-pvst、Rapid-PVST+ (cisco独自)
 MSTP : IEEE802.1s

・ブロッキングポートの基本的考えの練習
 4台のスイッチで同じvlanについてループを作成。まずvlan1つの場合で考えられないと先にいけない
 番号0から3を各スイッチに付与(4096倍するとブリッジプライオリティに相当)
 4つ目のスイッチを接続したときに、値の大小でどこが切れるか決まる
 5,6個目のスイッチを接続したときに切れる経路はどこになるか
 vlanが複数のっているときに、vlanによらず経路(というかツリー)が決まるのがSTP。ここからPVSTの話へ。
 vlanが複数のっているときに、同じ経路がブロックされていることから、BPDU負荷、MSTPの話へ。

・トポロジの収束
 ブリッジプライオリティ、ポートプライオリティ、コスト
 macアドレスやvlan-id。ブリッジIDの算出の話
 BPDU(Bridge Protocol Data Units)
 ルートブリッジ、ルートポート、ブロッキングポート、指定ポート(Designated Port)
 代替ポート(Alternate Port)、バックアップポート(Backup Port)
 Topology Change Notification
 収束の時間とRSTP, portfast

・MSTP
 インスタンス、リージョン、CST, IST
 RPVST、PVSTとの混在時の振る舞い

・関連事項
 storm-control
 cisco virtual port channel



■おまけ
VyOS users.jp
VyOS
Cisco VIRL
Cisco Modeling Labs
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kr2

Author:kr2
ネコと音楽が好き。
CD紹介、技術ネタ
などの雑記帳。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。